名鉄 新岐阜(当時) モ600 1999.4.11

モ600は1970年開始された美濃町線の
各務原線新岐阜乗り入れ用車両として登場した形式です。

新岐阜、現名鉄岐阜です。
各務原線5.6番線の脇に美濃町線7番ホームがあります。



名鉄 田神 モ600 2005.2.14

美濃町線の各務原線直通は競輪場前より市ノ坪を通り
各務原線の田神まで新線を造り田神〜岐阜間を一区間だけ乗り入れます。



名鉄 田神 モ600 2005.2.14

美濃町線はの電圧は直流600V、各務原線は1500Vとなっており、
直通する電車は複電圧車となっています。
上画像の少し向こうにデッドセクションがあります。

モ600は初の直通用電車として製作された車両です。
足回りは旧型車両のものを利用していますが、
車体は美濃町線の建築限界に合わせた細身の馬面になりました。



名鉄 田神 モ600 2005.2.14

田神駅です。
各務原線の高床ホームの他に
美濃町線の低床ホームがあります。



名鉄 田神 モ600 2005.2.14

各務原線を走行するモ600です。
登場時を髣髴とさせる白帯を廃止を目前にして巻きました。



名鉄 田神 モ600 2005.2.14



名鉄 田神 モ600 2005.2.14

名鉄では薄幸の名車、モ800とすれ違うモ600です。


作成:2005年2月