名鉄岐阜市内線 岐阜駅前 550型 1988.5.29

岐阜市内本線と聞くと、岐阜駅前から忠節までと思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし市内線の本線は1988年5月31日に廃止となった区間を含む
岐阜駅前〜長良北町間であって、徹明町〜忠節間は市内線の支線なのです。
よって本来の本線は岐阜駅前〜徹明町間の僅かなものとなってしまいました。



名鉄岐阜市内線 鵜飼屋〜長良橋 550型
1988.5.29

他の600V区間の例に漏れず、この区間も赤字路線でした。
そして1988年には当時ブームだった自治体の
自己満足でしかない博覧会ブームと云うものがあり、
土建屋中心主義の岐阜県はブームに乗って今では
誰も覚えていないどこが未来なのか
分からない「ぎふみらい博’88」を長良河畔で行ないました。
そして近くを走る市内線を「みらい博」時に車の邪魔になる
との事で名鉄に廃止を打診しました。
名鉄も赤字路線なので特に大きな反対もせず廃止に応じました。
「みらい博」も終わり、市内長良線のも無くなりましたが、
ここの渋滞は全然無くなっていません。


作成:1998年3月