新関〜下有知間路線跡 2002.4.1

関市内の併用軌道跡です。
道路の真ん中の安全地帯がその名残です。



下有知停留所跡 2002.4.1

線路と停留所は撤去されましたが、
線路脇の祠と鳥居は今も残っています。



下有知〜神光寺間跡 2002.4.1

下有知付近の併用軌道は道路の真ん中から道路の端を通っていました。
廃止後、道路の拡張には中途半端な広さのため、コーンで塞がれています。



下有知〜神光寺間跡 2002.4.1

併用軌道から専用軌道へ移る部分だった所です。


作成:2003年2月