JR西日本 新大阪 JR東日本 EF651000
特急「彗星」 1992.3.11

 関西と宮崎を結ぶ寝台特急がこの「彗星」です。
以前は583系も含めて多数運転されていましたが、
現在はモノクラス6両で「あかつき」と
併結という寂しいものとなっています。

まだ単独で運転されていた頃は、国鉄時代から続く運用で
急行「銀河」で大阪まで来た田端区の
EF65(JR東日本)が牽引していました。
現在は下関区のEF66に置換えられており、
田端区のロングラン運用は消滅しています。



JR九州 小倉 EF81400
特急「彗星」 2000.2.20

 下関〜門司間は海底トンネルがある上、
交直セクションが存在するために
専用機関車が昔から存在しました。
現在はEF81だけですが、これも番台区分などで
様々なバリエーションがあります。
「彗星」受け持ちのEF81はJR九州、大分区のカマで大分区へ
の帰区を兼ねて下関から大分までのロングラン運用となっています。
残念ながらヘッドマークは付いていません。



JR九州 宮崎 ED76 特急「彗星」
2000.3.21

大分から終点の南宮崎まではED76が牽引します。
以前は都城まで行っていましたが、
乗客の減少で南宮崎まで短縮されました。
ヘッドマークもちゃんと付けて顔を引き締めています。
九州のヘッドマークは平面ではなく
表面が丸みを帯びた独特のものです。



JR九州 宮崎 2425系 特急「彗星」
2000.3.21


作成:2001年7月