JR西日本 近江塩津 485系 特急「加越」 1992.12.23

 「加越」は東海道新幹線に接続し、
東京〜北陸を結ぶ連絡特急として昭和50年に登場しました。
当初は富山まで運転されていましたが、
上越新幹線と「スーパーかがやき」後の「はくたか」に
富山付近の需要を奪われてしまい、金沢までの運転となっています。
車両は「しらさぎ」と共通運用となっており、
原型車の活躍が楽しめます。


作成:2000年7月