JR西日本 近江塩津 485系 特急「しらさぎ」
1992.12.23

 特急「しらさぎ」は名古屋と北陸を結ぶ列車で、
昭和39年に481系が登場した際に
大阪〜北陸間の特急「雷鳥」と共に運転されるようになりました。
 国鉄時代は「雷鳥」や「白鳥」等と共に485系で活躍していましたが、
JR化後は「雷鳥」がどんどんグレードUPするのを尻目に、
「しらさぎ」は普通車のアコモ改造を受けたのみで
大きな改造を受けることなく、今日に至っています。
 



JR西日本 新疋田〜敦賀 485系 特急「しらさぎ」
1998.2.11

このため塗装やスカート・連結器廻り等外観が原型に近い車両が多く、
近年ファンの注目を集めています。



JR西日本 新疋田〜敦賀 485系 特急「しらさぎ」
1998.2.11


作成:2000年7月