JR九州 下関〜門司 415系 2000.2.19

 北九州地区と下関地区は距離が近いので都市間の交流が密になっています。
415系は交直流両用電車です。
そして本州の電化区間は直流、九州は交流です。
このため本州と九州の乗入れ運用は415系の機能を発揮した運用となっています
(一部に気動車による運用あり)。
主に下関〜小倉間のシャトル運用の他
宇部・小郡まで足を伸ばす運用が存在します。

JR九州 門司 4151500系 JR西日本 キハ40 2000.2.19


作成:2000年3月