JR西日本 下関 103系 1993.8.11

JRとなってから、関西地区では221系や207系など
新型車両が次々投入されました。
そして大量の103系余剰車が発生しました。
もう寿命に達していたのならそのまま廃車となるのですが、
まだ使える車両だったので岡山・広島・下関など山陽本線に投入されました。



JR西日本 広島 103系 1999.7.17

現在「瀬戸内色」で統一された広島地区103系ですが、
前所属区は様々のようです。
塗装が所々剥がれている部分があり、
ウグイス色やオレンジバーミリオン、
スカイブルーの塗色が顔を覗かせている事もあります。



JR西日本 新井口〜五日市 103系 1999.7.17

山陽地区の103系ですが、呉線や可部線、山陽本線広島周辺などの
朝夕ラッシュ時には103系としての本領を発揮します。
また25‰の勾配が続く瀬野〜八本松間には、
抑速ブレーキ未装備の103系は入線できず、
広島以東は呉線が運用主体となっています。
しかしロングシートでトイレ設備も無い状態で100kmを
超えるような長距離運用に就くなど
本来予定されていなかった運用にも就き、利用者の不興も買っています。
改善を望みたいところですが、新型車両は難しいので運用を
上手く割り振って貰いたいものです。


作成:2000年1月