JR西日本 福山 1153000系 1993.11.22

国鉄時代末期の昭和57年11月改正に、
老朽化した153系の置き換えと、
広島地区を大都市並の運転形態にするため投入された形式です。
「ひろしまCITY電車」の愛称で、115
2000系をベースに
117系の室内設備を足した車両となりました。

JR西日本 岩国 1152000系 1993.11.22

当初は、現在115系一般型に使用されている
「瀬戸内色」が採用されていましたが、新広島空港開業によって、
空港アクセス電車として「広島新快速色」となりました。
しかし明確に空港アクセスとして宣伝はされておらず、
恐らく広島〜西条間ノンストップ快速が
その任に当たっていると思われます。

JR西日本 広島 115系 1999.7.18

広島地区フリークエンシー向上のために
投入された115
3000系ですが、
同時に短編成化をも行われたので、
先頭車のみ3000番代で短編成化に
よって捻出された一般型中間車を
取り込んだものもあります。
初期には当時残っていた111系の
中間車を取りこんだ編成も存在しました。

JR西日本 広島 115系 1999.7.17


作成:2000年1月