JR西日本 広島 115系 1999.7.17

広島地区のJRの主力はやはり115系でしょう。
80系電車や153系の後継として投入されました。
115系が選ばれたのは、広島の東にある山陽本線、
瀬野〜八本松間(通称セノハチ)の25‰もの片急勾配に対処するためでした。
国鉄地代は115系の標準色である湘南色でしたが、
国鉄地代末期に投入された115系3000番代が新塗装化されたのを契機に
それまで3000番代が用いていた「瀬戸内色」を譲りうけて今に至ります。



JR西日本 広島 115系 1999.7.17

115系も最初に投入されてから長い年月が経つので、バリエーションが豊富です。
目立ったところでこの分散型クーラー搭載型があげられます。
恐らく165系あたりの廃車発生品を流用した物と思われます。
この頃は非冷房車も多く、また小型の新型クーラーが出始めた時期で
集中型クーラーで無い115系が登場した事自体、ニュースになりました。



JR西日本 広島 115系 1999.7.18

最近数少なくなった115系の原型前照灯車です。
兄弟形式の113系には数少なくなったとは云え
まだ原型前照灯車が多く残っていますが、
115系は広島・岡山の他はそのほとんどがJR東日本に属し、
更には前面強化改造に伴いシールドビーム前照灯となったので、
原型ライト車は激減してしまいました。
また湘南色の原型ライト車も広島地区に残っていましたが、
‘99年初夏に廃車となり消えてしまいました。


作成:2000年1月