JR東日本 横川〜軽井沢 EF63 189系 特急「あさま」
1994.4.2

EF63は横川〜軽井沢間に存在する碓氷峠のJR一の急勾配
66.7‰をラック式ではなく従来からの粘着式でクリアするために開発されました。
そのため、他の60番台の直流電機とは違って汎用性はありません。
また原則的に碓氷峠での運用のみとなっており、
回送や試運転を除けば他の地区では見ることは出来ませんでした。
新製当初、暫定的に高崎第二機関区に籍を置いた事を除けば、
一度も横川機関区を離れることなく、その生涯を終えました。



JR東日本 横川〜軽井沢 EF63 189系 特急「あさま」
1994.4.2


作成:1999年9月