加越能鉄道 六度寺 デ7000 19993.21

軌道区間が終わる中伏木から終点越ノ潟までは、専用軌道区間となります。
ただ路線名は六度寺にて変わり、
六度寺〜越ノ潟間は新湊港線となりますが、
運用や系統でははあまり意味を持たないので、
全線を称して万葉線と呼んでいます。
六度寺付近は材木を扱う工場が多く、
これらの材木を運び出していたのであろう専用線の痕跡が残っており、
一種独特な雰囲気を醸し出しています。
また軌道線には
庄川を渡る橋梁もあり、変化に富んでいます。



加越能鉄道 中伏木〜六度寺 デ7000 19993.21


作成:1999年8月