阪神 武庫川 7890形 1999.3.20

7890・7990形は3901形から改造された武庫川線用の形式です。



阪神 武庫川〜東鳴尾 7890形 1999.3.20

武庫川線は1984年に洲崎から武庫川団地前まで延長された際に
2連の7891・7991形が使われるようになりましたが
この形式は本線でも運用されることから余剰となっていた
3901形の2両を活用して武庫川線専従形式とするようにしました。



阪神 武庫川 7890形 2005.12.12

武庫川線専用として本線での運用は前提としないため
最高速度は45kmに抑えられています。
また形式末尾が0から始まる阪神唯一の形式です。



阪神 武庫川〜東鳴尾 7890・7990形 2005.12.12

2000年秋よりワンマン化されて
同時に方向板が廃止されました。



阪神 東鳴尾〜洲崎 7890・7990形 2005.12.12



阪神 武庫川〜東鳴尾 7890・7990形 2005.12.12



阪神 尼崎 7990形 8000形 2012.12.23

尼崎の留置線にて休む7890・7990形です。


作成:2017年2月