JR西日本 大阪 103系 1999.3.20

大阪環状線はJR西日本の看板路線と言えるほどの輸送人員を誇る路線です。
しかしながら、線内普通運用には新形式車は投入されず、
依然として103系が運用されています。
大阪環状線で走り始めてから随分と経つので、
車両のバラエティーはきわめて豊富です。
そのなかには初期車もまだ運用についています。
冷房化や戸袋窓の閉鎖など目に見える改造も施されていますが、
いかんせん車両の老朽化は進行しており、JR西日本の延命工事、
いわゆるN40改造は初期車には行われないようで、
103系初期車が大阪環状線から消える日も遠くは無いと思われます。



JR西日本 大阪 103系 1999.4.3

初期車中の初期車であるクハ103−1も
森ノ宮電車区所属にて大阪環状線で活躍しています。


作成:1999年7月