南国の485系

旧国鉄色の特急「にちりん」(ボンネット車あり)

「レッドエクスプレス」色の特急「にちりん」(ボンネット車) 


新旧両塗装の特急「有明」(旧ヘッドマーク)

かもめとみどり

国鉄色のボンネット(クハ481−501・クロ481−56)

「オランダ村特急」・「ハウステンボス」

福岡地区「さわやかライナー」・「エアポートライナー」

旧国鉄特急色のDE10 1755

福岡地区「ホームライナー」・鹿児島地区「さわやかライナー」

錦江湾・桜島・ボンネット
 

JR化前後、福岡(北九州も含む)と熊本間では高速バスと特急「有明」との競争が激化していました。
このため国鉄/JRは、「有明」を短編成化した上で運転本数を増加して対処しました。
また東北新幹線開業で流れてきた485系も多数おり、485系の一大勢力を築いていました。
そして現在、JR九州の485系はデザイン化された塗装をまとい活躍しています。
今回は旧国鉄色から、JR九州色に変わる頃の485系を特集します。

 

作成:1997年10月