広電 千田車庫 650形 1999.7.18

1942年に登場した650形です。
5両製造されて単車ばかりだった当時の広電の中で
大型車両として重宝されました。



広電 千田車庫 650形 1999.7.18

1945年8月9日に5両全車が
原子爆弾により被爆しましたが
全車復旧し広島復興の足として長らく活躍しました。



広電 千田車庫 650形 1999.7.18



広電 広電本社前 650形 
2000.8.9

毎年原爆が投下された8月6日辺りには
被爆電車である650形が運用に就きます。



広電 八丁堀 1900形 650形 2000.8.9



広電 胡町〜八丁堀 650形 2000.8.9



広電 千田車庫 650形 2007.6.10

655が1967年に事故廃車、
2006年に654が老朽化により廃車され
653が車籍はあるものの実質的に引退しており
651と652が平日朝夕ラッシュ時に活躍しています。


作成:2013年2月