JR東海 名古屋 213
5000系 2005.7.25

213系は国鉄末期に瀬戸大橋線用に開発された形式でした。
JRになりJR東海も関西線用に213系を導入し
インバータクーラーなど独自の仕様とした
5000番台を1989年に投入しました。



JR東海 名古屋 213
5000系 2006.11.3

1999年の関西線のワンマン運転開始にあわせて
213系の配置区を大垣から神領に転属させ
2001年ごろから朝夕を中心に
中央西線の運用にも就くようになりました。



JR東海 名古屋〜金山 213
5000系 2005.7.10

単独で運用に就く運用は少なく
211系や313系との併結の運用が主でした。



JR東海 鶴舞 213
5000系 2006.11.25

座席数が多く転換クロスシートですが
二扉で他車と配置が違うために扱い辛く
中央西線では持て余し気味でした。



JR東海 千種〜大曽根 213
5000系 2007.6.11

またトイレが就いていないのも難点で
この点も単独運用が組み難いところでした。



JR東海 千種〜大曽根 213
5000系 2007.10.14



JR東海 大曽根〜新守山 213
5000系 2011.9.17

2012年改正で飯田線の119系の
置換えに213系が宛てられる事となり
中央西線での213系の運用は終了しました。



JR東海 新守山 213
5000系 2007.4.15

211系5000番台4連と組む
213系5000番台です。



JR東海 春日井 213
5000系 2007.1.27

313系1000番台4連と組む
213系5000番台2×2連です


作成:2012年11月