JR東海 恵那〜武並 JR西日本 165系
急行「ちくま82号」
1998.9.12

基本的に急行「ちくま82号」には前途のように
宮原運転区所属の165・167系が充当されます。
しかしこの編成は現在1本しか存在していません。
そのため165・167系が「ちくま」に充当できなくなった場合、
同じ設備を持つ日根野電車区の
165系2本による6連が「ちくま」を担当します。



JR東海 恵那〜武並 JR西日本 165系
急行「ちくま82号」
1998.9.12

ここに掲載した画像ですが、いずれの区間も通常では
165系列が撮影不可能な中央西線、恵那〜武並間・
土岐市〜多治見間の名古屋方面行線です。
この区間はいずれも峠となっており、
複線化の時に新線をトンネルで開通させました。
その新線は双方とも、塩尻方面行線で、名古屋方面行線は従来からの
区間となり上下線で雰囲気がかなり異なる区間となりました。
現在、この区間を定期で名古屋方面に走る165系は840Mのみで、
しかも20時から21時に通過するので撮影は不可能です。
このため撮影の可能性が残されているのは
この急行「ちくま82号」と臨時の
「さわやかウォーキング」だけとなっています。



JR東海 土岐市〜多治見 JR西日本 165系
急行「ちくま82号」
1998.8.14

これでは判りませんが、大阪より3連のみが日根野車で残りは宮原車でした。
前日の8/13は前者宮原車で運用されていましたが、
宮原車の一部が故障でもしたのでしょうか?
宮原車は原形ライト車、日根野車は基本的にシールドビーム車なので、
撮影しているときでも容易に判別できます。
また「ちくま」「くろよん」併結運用の場合は、
松本で6連を3連ごとに分割・併結するので日根野車が充てられます。

日根野区の165系は昔、急行「アルプス」の運用を
受け持っていた松本区の車輌だったので、
里帰りした気分になのではないでしょうか?
しかし、かつて共に活躍していた仲間達である
183系や169系・115系は昔の塗装では無くなり、
そして後継車も決まって少しずつその数を減らしています。
そんな中で国鉄色を頑なに守っているその姿は
思わず応援したくなってしまいます。
この姿を少しでも多く記録に収めたいと私は思います。


作成:1998年9月