JR東海 日出塩〜贄川 JR西日本 165・167系
急行「ちくま82号」
1998.8.1

JR西日本、宮原運転所所属の165・167系です。
この編成は6輌編成となっており、
中間のM・Mc車2ユニットは167系ですが、
両端先頭車は165系となっています。
そして御覧のように165系は原形前照灯となっていて
往年の美しい急行電車の雰囲気を受け継いでいます。



JR東海 日出塩〜贄川 JR西日本 165・167系
急行「ちくま82号」
1998.8.1

おでこにある種別幕の“急行”という前面表示も雰囲気を更に盛り上げていますが、
臨時”という時もあり少々がっかりするときもあります。
このような事例は長野冬季オリンピック時に運転された
臨時急行「安曇野」にも見受けられました。



R東日本 松本 JR西日本 165系
急行「ちくま82号」 1998.8.13



JR東海 多治見 JR西日本 165・167系
急行「ちくま82号」 1988.1.15

現在の倍である4連×3編成の12連で
運転されていた頃の急行「ちくま82号」です。
ここ1・2年で運転された165系の列車はせいぜい9連、
偶に“MLながら救済臨”が11連で走るぐらいなので隔世の感がありますね。
しかしながら老朽化も進んでいて、何本かあったこの編成
(たしか2〜3編成あったと思う)も今では
この1編成を残すのみとなっています。
またシーズンオフには宮原から野洲に疎開留置されてしまいますが、
こちらの方が姿を確認しやすくなります。


作成:1998年9月