趣味の大石英司作品用語辞典

戴紹文(タイ・シャオウェン)【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
中国軍をけしかけた黒幕
<雪風のパパ>
ネタバレ反転>刑務所内より指示を出していた<雪風のパパ>

太楚現(タイ・チューシエン)【名詞・人名】“自由上海支援戦争”
中国陸軍 少将
<雪風のパパ>
第八遊撃速攻軍団第五師団司令官
<雪風のパパ>
兵站屋
<雪風のパパ>

ダイアナ・スミス【名詞・兵器?】“新世紀日米大戦”
少佐…<雪風のパパ>
センチュリオンIIモデル。
<雪風のパパ>
RR(ロールス・ロイス)製のロボット兵士
<雪風のパパ>
RR第二工廠製<雪風のパパ>
ナイスバディーの癖に、M2重機関銃の直撃にも耐える<片田健>

第一空挺団(だい1くうていだん)【名詞・部隊】“各巻”
陸上自衛隊唯一の空挺部隊 習志野駐屯<片田健>
最強の部隊とも言われているため、各作品で活躍している
<片田健>
サイレント・コアもここに所属
<片田健>
(以下、
“第二次太平洋戦争”
三沢占領作戦に参加し、デルタフォース官舎など重要施設占領にあたる
<片田健>
占領後は三沢基地防衛の中核になる
<片田健>

第一空挺連隊(だい1くうていれんたい)【名詞・部隊】“新世紀日米大戦”
第一空挺師団の連隊 習志野駐屯
<雪風のパパ>
戦闘実戦部隊
<雪風のパパ>
空挺団が他の部隊を吸収して「師団へ昇格」された事により、習志野駐屯の部隊が呼称変更されたもの<雪風のパパ>

第五五五飛行群(だい555ひこうぐん)【名詞・部隊】“第二次湾岸戦争”
サウジ・ヨーロッパ各国・韓国・日本の空軍部隊を再編成した部隊<片田健>
約60機と多いので、飛行隊(スコードロン)ではなく、飛行群(フライト・グループ)を名乗る
<片田健>
敵を攪乱するために好き勝手な番号を入れて良く、ベトナム戦争で活躍した米空軍のトリプル・ニッケルズにあやかって命名された<片田健>

第二空挺連隊(だい2くうていれんたい)【名詞・部隊】“新世紀日米大戦”
第一空挺師団の連隊 御殿場駐屯
<雪風のパパ>
“キャンプ富士”の跡地に駐屯していると推定
<雪風のパパ>
御殿場って、駐屯地が多いのですよ(^_^;)
<雪風のパパ>
事実上の「外人部隊」。<雪風のパパ>
五年間の所属により無条件に日本国籍を取得。
<雪風のパパ>
“第二次湾岸戦争”のエピローグに出てくる、カンボディアにいる部隊が原点??<片田健>

第七機甲師団(だい7きこうしだん)【名詞・部隊】“各巻“
陸自唯一の機甲師団 千歳駐屯
<片田健>
(以下
“第二次太平洋戦争”
三沢防衛に参加
<片田健>
作品中では脅威にはなったが、あまり活躍しなかった
<片田健>
(以下
“第二次湾岸戦争”
保有している戦車がすべて九○式戦車で、八七式自走高射砲も定数を満たすバブリーな存在だった
<片田健>
各国機甲師団を再編成して第7機甲軍団を編成する
<片田健>
(以下
“自由上海支援戦争”
戦車は七四式と九○式のハイローミックス(しかも九○式の方が少ない)の現実的な存在になった。
<片田健>

第七飛行群(だい7ひこうぐん)【名詞・部隊】“第二次湾岸戦争”
第五五五飛行群と同様に国連軍の空軍力を再編した部隊<片田健>
こちらはラッキー7に由来する
<片田健>

第二六警戒隊【名詞・部隊】“第二次太平洋戦争”
根室にある空自のレーダーサイト<片田健>
F‐23Aの編隊を捕捉する
<片田健>

第三八警戒隊【名詞・部隊】“第二次太平洋戦争”
襟裳岬にある航空自衛隊のレーダーサイト部隊<片田健>
偽装のため、わざと米空軍の攻撃を受け入れた
<片田健>

第三八普通科連隊(だい38ふつうかれんたい)【名詞・部隊】“第二次太平洋戦争”
陸上自衛隊 第九師団所属<片田健>
三沢基地占領作戦にあたる
<片田健>

大祖国戦争(だいそこくせんそう)【名詞・戦争名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”等
第二次世界大戦の旧ソビエトでの名称<片田健>

田井等綾(たいら・りょう)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
警察庁 公安部 巡査部長
<雪風のパパ>
五十四歳、定年間近
<雪風のパパ>

大和茂(だいわ・しげる) 【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
ダイワ運輸社長<片田健>
一度、運輸省役人に嫌がらせを受け会社を倒産させられている<片田健>
徹底した楠田(運輸族議員)嫌いであり、それ以上に役人嫌いな男である
<片田健>
業界で唯一運輸省に刃向かう業者として、判官贔屓の客を集め発展してきた<片田健>

ダェン・ウェナス
【名詞・人名】“環太平洋戦争”
インドネシア陸軍 中尉
<雪風のパパ>
第二空挺大隊所属
<雪風のパパ>

(タオ・???)【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
台湾海軍 PT−117乗員
<雪風のパパ>

鷹尾峰子(たかお・みねこ)【名詞・人名】“環太平洋戦争”
坂崎事務官が手配したポルトガル語の通訳
<雪風のパパ>
関西弁のおばさん(^_^;)
<雪風のパパ>
「おばさんはよしぃなって」
<雪風のパパ>

高木光(たかぎ・ひかる)【名詞・人名】“冥氷海域 オホーツクに「動く要塞」を追え
海上保安庁 管理官 運輸省の役人
<レッドマーキュリー>

高倉輝幸(たかくら・てるゆき)【名詞・人名】“ジャパンカード 極東の憂鬱”
航空自衛隊 二等空佐
<TACCO>
第二航空団第二○一飛行隊司令
<TACCO>
飛行隊だと本当は「隊長」(^_^;)
<TACCO>
自衛隊応募の時の第一声は、F−104Jの写真に視線をくれながら「これに乗りたいんですけど…」
<TACCO>

??敬子(???・たかこ)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
北海道後志支庁四市市要中学2年生
<ファルクラム>
美術クラブ所属、韮沢明海の隣人
<ファルクラム>
ゼウスによる最初の犠牲者の一人
<ファルクラム>

高坂一清(たかさか・かずきよ)【名詞・人名】“深海の悪魔”

高坂 潤(たかさか・じゅん)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
在中日本大使館 一等書記官
<雪風のパパ>
警視正って事は、警察庁のキャリアが、外務省に出向だな<雪風のパパ>

高嶋克彦(たかしま・かつひこ)【名詞・人名】“新世紀日米大戦”
海上自衛隊 一等海佐
<雪風のパパ>
第二潜水隊群第六潜水隊司令
<雪風のパパ>
「真っ黒に日焼けした」潜水艦乗り
<雪風のパパ>

高嶋建雄(たかしま・たてお)【名詞・人名】“新世紀日米大戦”
高嶋克彦一佐の息子
<雪風のパパ>

高島長春(たかしま・ながはる)【名詞・人名】“尖閣に幽霊船の謎を追え”
海上自衛隊 三等海曹
<TACCO>
第5航空隊所属の航法通信士
<TACCO>

鷹田瑛子(たかだ・えいこ)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
進化生物学者 博士
<レッドマーキュリー>
眼鏡をかけている ワイルドな感じな三十歳代<
レッドマーキュリー>
ゼウスの命名者(故意ではない)
<レッドマーキュリー>
両親は定年退職後、名古屋に住んでいるが、医学部を受験しないと云った頃から疎遠になっている
<片田健>
フリー遺伝子の提唱者
<片田健>

高田淳(たかだ・じゅん)【名詞・人名】“救難飛行隊”“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
航空自衛隊 一等空尉
<すこーぷ犬>
新潟気象班長
<すこーぷ犬>
お天気お兄さん
<すこーぷ犬>
関東出身
<すこーぷ犬>
やっぱりお天気お兄さんで趣味で天気の分析ソフトを製作<すこーぷ犬>

高橋(たかはし・???)【名詞・人名】“シーデビル電撃作戦”
ヘリコプター搭載つがる型巡視船『おおすみ』(三七三〇トン)船長
<TACCO>

高山彰(たかやま・あきら) 【名詞・人名】 “首都壊滅作戦”
練馬区消防署の救急隊員<レッドマーキュリー>
予備自衛官 二等陸曹
<レッドマーキュリー>

高中明(たかなか・あきら)【名詞・人名】“自由上海支援戦争”
パソ通(多分Nif)ユーザー・サポート課長
<雪風のパパ>
モデルは、明らかに昭和62年7月から平成6年6月末まで,ニフティ株式会社の常務取締役であった中村明氏<Lime Light>  
入会からの節目毎に、各会員へメール(「中村メール」)を送り、寄せられた返事へ一つ一つ返事を書いていたというのは有名
<Lime Light>
“自由上海支援戦争”出演おめでとうメールが行ったとか(^^;) <Lime Light>
Nifty−Serveの古き良き時代の象徴
<Lime Light>

高中知冶(たかなか・ともおさ)【名詞・人名】“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
陸上自衛隊 陸将補
<すこーぷ犬>
情報本部初代本部長
<すこーぷ犬>
マールボロを愛煙
<すこーぷ犬>
政府の緊急招集要員リストに載っているため赤坂の築30年の公務員アパートで単身赴任
<すこーぷ犬>

高山健(たかやま・けん)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
陸上自衛隊 二等陸曹
<雪風のパパ>
サイレント・コア(土門小隊)隊員
<雪風のパパ>
田口を含む3名編成班の班長
<雪風のパパ>
生徒(少年工科学校)出身で空挺のベテラン
<雪風のパパ>
二児の親父
<雪風のパパ>
コールサイン「レッドブル」
<雪風のパパ>

高山優(たかやま・すぐる)【名詞・人名】“原子力空母カール・ヴィンソンを阻止せよ”
海上自衛隊 二等海曹<片田健>
潜水艦『わかつき』補給科衛生科員
<片田健>

財部仁志 (たからべ・ひとし) 【名詞・人名】 “首都壊滅作戦”
グリーン製薬考古学研究室主任
<レッドマーキュリー>

滝孝治朗(たき・こうじろう)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
航空自衛隊 空将<片田健>
空自装備部長
<片田健>
補給の神様
<片田健>

滝川卓(たきかわ・すぐる)【名詞・人名】“サイレント・コアシリーズ””新世紀日米大戦”
技術研究本部 技官
<雪風のパパ>
サイレント・コアとの腐れ縁はこの時(
“環太平洋戦争”パンチュアンの攻防)から始まる(^_^;) <雪風のパパ>
サイレント・コア隊員<雪風のパパ>
コールサイン「ラプター・リーダー」<雪風のパパ>
“アジア覇権戦争”の時点で32歳<雪風のパパ>
専門は、マン・マシン・インターフェイス
<雪風のパパ>
(以下、“新世紀日米大戦”
技術研究本部副所長 技官
<雪風のパパ>
用賀の爺さん
<雪風のパパ>

滝田??(たきた・???)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
医師 三十代前半
<レッドマーキュリー>
被害者の女性教師を最初に診察した
<レッドマーキュリー>

滝田??(たきた・???)【名詞・人名】“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
航空自衛隊 二等空尉
<すこーぷ犬>
今日の当直
<すこーぷ犬>
寝入って1時間も経たない司令を起こす
<すこーぷ犬>

タグ・ナカソネ【名詞・人名】“新世紀日米大戦”
合衆国海軍 少佐
<雪風のパパ>

ダグ・ビッグフット【名詞・人名】“北欧孤島奪還戦線”
元合衆国陸軍 曹長
<TACCO>
ジョーダン中佐の部下
<TACCO>

ダグ・ボーグナイン【名詞・人名】“ジャパンカード 極東の憂鬱”
合衆国CIA長官
<TACCO>

タク・ロ・ナム【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
マレーシア海軍 中佐
<雪風のパパ>
南沙派遣艦隊 主席参謀
<雪風のパパ>

ダグ・ロシュホード【名詞・人名】“黄金郷レイン・フォレストを制圧せよ”
CIA麻薬担当官(ドラッグ・タクスフォースのディレクター)
<すこーぷ犬>
32、3歳
<すこーぷ犬>
平原と仕事で付き合いがある
<すこーぷ犬>
ブルドッグ・チームの人質
<すこーぷ犬>

田口芯太(たぐち・しんた)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
陸上自衛隊 二等陸士(入隊2年目なら一等陸士?)
<雪風のパパ>
サイレント・コア(土門小隊)隊員 20才
<雪風のパパ>
教護院から少年院まで、人生ま半分を独房暮らし
<雪風のパパ>
この作品(
石油争覇)の主人公…多分(苦笑)<雪風のパパ>
↑まだ、二巻だからねぇ〜…2001年4月6日現在<雪風のパパ>
コードネーム「リザード」
<雪風のパパ>

ダークムーン【名詞・航空機】“新世紀日米大戦”
自立型無人偵察戦闘(多目的)機
<片田健>
全長6メートルに満たないラジコン飛行機みたいな航空機
<片田健>
垂直離着陸が可能
<片田健>
航続距離も短く、戦闘機としての見栄えも悪いがコストが安い
<片田健>
武器搭載量が少ないのが、決定的な問題
<片田健>
ゴースト・ライダーズが愛用している
<片田健>

ダグラス・ビルブレー【名詞・人名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”
伍長
<雪風のパパ>
QE2シージャックメンバー(第3班)
<雪風のパパ>

竹島隆(たけしま・たかし)【名詞・人名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”
航空自衛隊 空将補
<雪風のパパ>
空幕防衛部長
<雪風のパパ>

武田勝利(たけだ・かつとし)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
航空自衛隊 空将
<片田健>
航空幕僚長
<片田健>

武田清(たけだ・きよし)【名詞・人名】“自由上海支援戦争”
航空自衛隊 二等空佐
<雪風のパパ>
第二○二飛行隊隊長
<雪風のパパ>
TACネーム「チータ」
<雪風のパパ>

竹田友長(たけだ・ともなが)【名詞・人名】“サイレント・コアシリーズ”
陸上自衛隊 三等陸曹
<雪風のパパ>
サイレント・コア通信担当<雪風のパパ>
“自由上海支援戦争”に続いて“環太平洋戦争”“アジア覇権戦争”にも登場<雪風のパパ>
「粉砕アーウェン」の射手らしい…(笑)<雪風のパパ>
コールサイン「グーデリアン4」<雪風のパパ>
“アジア覇権戦争” 5巻 にて一曹に昇任(特進)<雪風のパパ>

竹中重孝(たけなか・しげたか)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
陸上自衛隊 二等陸曹
<雪風のパパ>
サイレント・コア(司馬小隊)隊員
<雪風のパパ>

竹中仁(たけなか・じん)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
国土建設取締役<片田健>
ニュー・トーキュー建設でのゼネコンの指揮を取っている
<片田健>

竹内

(たけうち・??<すこーぷ犬>?)【名詞・人名】“異常犯罪捜査官”
「鈴木」の中学時代の担任
<片田健>
生徒の面倒を良く見てくれた「鈴木」が尊敬する数少ない人物
<片田健>

田沢??(たざわ・???)【名詞・人名】“制圧攻撃機ブルドッグ出撃す”
陸上自衛隊 二等陸佐
<すこーぷ犬>
防衛庁にいる土門の同期で内局勤務
<すこーぷ犬>
最近山には登らないがアルピニスト
<すこーぷ犬>

田島孝三(たじま・こうぞう)【名詞・人名】“北欧孤島奪還戦線”
黛ケミカル・シリコン社副社長
<TACCO>

田尻輝雄(たじり・てるお)【名詞・人名】“核物質プルトニウム護衛艦隊出撃す”
海上自衛隊 三等海佐
<雪風のパパ>
第四航空群第三飛行隊
<雪風のパパ>
対潜哨戒機P−3C TACO(戦術航空士)
<雪風のパパ>

ダジル・トリスポイ【名詞・人名】“海中要塞シーフォートレス封殺作戦”
グルジア共和国 外務次官
<TACCO>

田代浩一(たしろ・こういち)【名詞・人名】“死闘!日本海海戦”
海上自衛隊 三等海佐
<TACCO>
第一護衛隊群航空幕僚
<TACCO>

田代貴史(たしろ・たかし)【名詞・人名】“救難飛行隊”“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
航空自衛隊 二等空尉
<すこーぷ犬>
“救難飛行隊”
新潟救難隊 MU−2Sパイロット<すこーぷ犬>
“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
MUー2S副操縦士<すこーぷ犬>
新管制官の女の子を狙うが惜しくも撃墜される
<すこーぷ犬>

田代幸雄【名詞・人名】“第二次太平洋戦争”
航空自衛隊 中将(空将?補?)<片田健>
北部方面隊司令
<片田健>
日本側の基地占領作戦を知らされず感謝祭パーティーに出席し、米軍と共に拘束される
<片田健>
“第二次太平洋戦争”勃発後は三沢にて航空作戦の指揮を取る<片田健>

多弾頭ミサイル【名詞・ミサイル】“新世紀日米大戦”
海自艦が装備するミサイル
<片田健>
レールガンから発射可能で,マッハ5で飛翔し目標上空で30個の子爆弾に分かれる
<片田健>

タチアナ【名詞・人名】“ソ連極東艦隊南下す”
“シット”に関係した人物と見られるが詳細不明(故人)
<ファルクラム>
ベルロシア大佐の言う「“パーミャチ”に暗殺された女性」とはおそらく彼女のこと
<ファルクラム>
ベルロシア大佐と訳アリ?(^_^;)
<ファルクラム>

タチアナ・ガリル【名詞・人名】“サラエボ至急報”
『言論の自由号』スタッフ
<TACCO>
セルビア人の新聞記者出身
<TACCO>
どんなに貧しくてもタバコだけは手放さないヘビースモーカー
<TACCO>
ブロンドの髪と赤い唇が魅力的
<TACCO>

立木麻耶(たちき・まや)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
航空自衛隊 二等空尉
<雪風のパパ>
偵察飛行隊 分析官(百里 501SQ?)
<雪風のパパ>
神経質そうな銀縁眼鏡を掛けた40代の女性
<雪風のパパ>

辰巳静夫(たつみ・しずお)【名詞・人名】“大使を救出せよ”
陸上自衛隊 陸曹長
<すこーぷ犬>
『ディフェンダー』銃手兼整備士
<すこーぷ犬>
丸刈り頭 本業はロリコン漫画家
<すこーぷ犬>
嵐の林中にリベリング降下の時に肋骨にひびが入った
<すこーぷ犬>

伊達研悟(だて・けんご)【名詞・人名】“深海の悪魔”
しんかい6500艇長<レッドマーキュリー>
元海自
<レッドマーキュリー>

館野芳(たての・かおる)【名詞・人名】“深海の悪魔”

立山??(たてやま・???)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
国立感染予防研究所 博士
<レッドマーキュリー>

田所庄司(たどころ・しょうじ)【名詞・人名】“ソ連極東艦隊南下す”
海上自衛隊 一等海佐
<ファルクラム>
第二護衛隊群 航空部隊指揮官(エア・ボス)
<ファルクラム>

田所敏明(たどころ・としあき)【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
海上自衛隊 三等海佐
<雪風のパパ>
潜水艦『あさしお』航海長
<雪風のパパ>
救難チーム(臨時編成)指揮官
<雪風のパパ>

田所衛(たどころ・まもる)【名詞・人名】“核物質プルトニウム護衛艦隊出撃す”
陸上自衛隊 一等陸尉
<雪風のパパ>
サイレント・コア隊員
<雪風のパパ>
ディフェンダー・一番機パイロット
<雪風のパパ>

ダドリー・H・ファナブル【名詞・人名】“死闘!日本海海戦”
元合衆国海軍 提督
<TACCO>
現在はGMHI社社員
<TACCO>
八七年にペルシャ湾で発生した民間機誤射事件の時の艦隊司令官、その年に予備役編入
<TACCO>

ダナ・モルダー【名詞・人名】“電子要塞を殲滅せよ”
合衆国陸軍 大尉
<すこーぷ犬>
国家安全保障局、TOPSメンバー
<すこーぷ犬>
シボレー所有
<すこーぷ犬>
元ネタはもちろんあのコンビ(モルダー&スカリー)から<片田健>

ダナイデ【名詞・兵器】“サラエボ至急報”
イタリア海軍ミネルヴァ級駆逐艦(一二八五トン)
<TACCO>

田中??(たなか・???)【名詞・人名】“核物質プルトニウム護衛艦隊出撃す”
プルトニウム輸送船『ふげん』乗員
<雪風のパパ>
元自衛官
<雪風のパパ>

田中??(たなか・???)【名詞・人名】“異常犯罪捜査官”
尾瀬の見晴小屋管理組合の組合長
<片田健>
群馬県警の岡安警部とは旧知の仲<片田健>

田中??(たなか・???)【名詞・人名】“新世紀日米大戦”
陸上自衛隊 階級不明
<雪風のパパ>
第八旅団第十ニ普通科連隊 「瀬島」小隊
<雪風のパパ>

田中??(たなか・???) 【名詞・人名】“首都壊滅作戦”
アルファ−タナカ遺伝子を発見した博士
<レッドマーキュリー>

田中賢(たなか・けん)【名詞・人名】“深海の悪魔”
海洋科学技術センター(JAMSTEC)海洋生態環境研究部長<レッドマーキュリー>

田中幸司(たなか・こうじ)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
林然沢(リム・ヨンテク)の日本名
<雪風のパパ>

田中晋吾(たなか・しんご)【名詞・人名】“深海の悪魔”
東京都青ヶ島村庶務係長 三十三歳<レッドマーキュリー>
山梨県出身 二年前に赴任 四歳の息子がいる
<レッドマーキュリー>

田中次郎(たなか・じろう)【名詞・兵器?】“新世紀日米大戦”
陸上自衛隊 三等陸曹
<雪風のパパ>
足軽4号
<雪風のパパ>
1970年代の平均的な日本人男性の顔
<雪風のパパ>
人間の20倍の耐久性
<雪風のパパ>

田中智彦(たなか・ともひこ)【名詞・人名】“救難飛行隊” “緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
航空自衛隊 三等空曹
<すこーぷ犬>
“救難飛行隊”
新潟救難隊の新入り<すこーぷ犬> 
TACネーム「メデック02」
<すこーぷ犬>
申し送りに「女にふられた」と書いてある
<すこーぷ犬>
少々女性不信
<すこーぷ犬>
栗栖川佐和子に、一瞬ほれていた
<すこーぷ犬>
今度移動する時は「疫病神の田中」がキャッチフレーズにするらしい
<すこーぷ犬>
「いいですか。誰も貴方を助けてくれないかも知れない。でも、貴方は人生をやり直せる。宗教なんかに頼らなくても、いつかきっと貴方に相応しい人が現れる。貴方を必要とするただ一人の男が現れる。だから、あなたは生きなきゃならない(以下略)」
<すこーぷ犬>
この言葉に傷心の田中クンのブルーな心が表れている…と思う
<すこーぷ犬>
“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
習志野に訓練に行った時MP5SD3を撃った事がある<すこーぷ犬>

田中の家族(たなかのかぞく)【名詞・グループ】“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
田中智彦の父
去年勤めていた会社が倒産
<すこーぷ犬>
退職金もなしホワイトカラー
<すこーぷ犬>

パートに出でいる
<すこーぷ犬>
弟と妹
妹 新潟大学受験
<すこーぷ犬>
今年大学受験もし駄目だったら田中のそばで予備校に通わせようと思っている
<すこーぷ犬>

田辺和弥(たなべ・かずや)【名詞・人名】“環太平洋戦争”
航空自衛隊 一等空尉
<雪風のパパ>
第五航空団第二〇二飛行隊 イーグル・ドライバー
<雪風のパパ>
新田二佐のウイングマン
<雪風のパパ>

タニー・ドブスン【名詞・人名】“冥氷海域 オホーツクに「動く要塞」を追え
元米陸軍大佐 遺伝子工学が専門
<レッドマーキュリー>
元USAMRIID研究員で、生物兵器の開発に従事
<レッドマーキュリー>

ダニエル・シェリング【名詞・人名】“第二次太平洋戦争”
合衆国海軍 中将<片田健>
太平洋艦隊司令官
<片田健>

ダニエル・フェイガン【名詞・人名】“第二次太平洋戦争”
合衆国空軍 大尉<片田健>
第19航空師団第8爆撃航空団所属
<片田健>
B‐2爆撃機ミッション・コマンダー・パイロット
<片田健>
“アイ・オブ・ニードル”作戦参加メンバー中最年少の兵士<片田健>

ダニエル・マッキンタイヤー【名詞・人名】“核物質プルトニウム護衛艦隊出撃す”
合衆国海軍 大佐
<雪風のパパ>
相互防衛援助事務所(MDAO)室長
<雪風のパパ>

ダニエル・ラッセル【名詞・人名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”
CNN東京支局長
<雪風のパパ>

ダニエル・ロンドバーク【名詞・人名】“死闘!日本海海戦”
南アフリカ人で、リベリア船籍の貨物船サザンビーチ号の二等航海士
<TACCO>
マック・マクリーンの変装した姿(^_^;)
<TACCO>

谷崎清十郎(たにざき・せいじゅうろう)【名詞・人名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”
内閣総理大臣
<雪風のパパ>

谷川(たにがわ・???)【名詞・人名】“異常犯罪捜査官”
都議会議員
<片田健>
娘がフライデーナイト連続殺人事件の犠牲者となった
<片田健>
その娘の検死にて麻薬などの薬物が検出されたが、その事実は伏せられている
<片田健>

谷川雅也(たにがわ・まさや)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
親の地盤を引き継いだ山形一区から選出の内閣総理大臣
<片田健>
外務省出身で当時は中国問題の専門家<片田健>
1992年に制定されたPKO法案の強力な推進者でPKO三羽烏と呼ばれる時期もあった(あとの二人とモデルの人物は誰?)
<片田健>
極度の近眼で牛乳ビンの底のような分厚い眼鏡を掛けているので、外務省からメガネ親父と揶揄されている
<片田健>
毎朝の散歩を欠かさないが、ペースが速いためSPからはジョギングだと不評
<片田健>
戦争終結後、責任をとり議員を辞任し、故郷である山形に帰っていった
<片田健>

谷口実(たにぐち・みのる)【名詞・人名】“環太平洋戦争”
海上自衛隊 一等海尉
<雪風のパパ>
SH−60Jシーホーク対潜ヘリ対潜員
<雪風のパパ>
無坂一尉の防大同期
<雪風のパパ>
技術研究本部(技本)所属<雪風のパパ>

谷村??(たにむら・???)【名詞・人名】“石油争覇オイルストーム
オリエンタル・リゾート・ホテルの支配人
<雪風のパパ>

田端志郎(たばた・しろう)【名詞・人名】“尖閣に幽霊船の謎を追え”
海上保安庁 三等海上保安正
<TACCO>
巡視船「しきしま」船医
<TACCO>

田畑直徒(たばた・なおと)【名詞・人名】“新世紀日米大戦”
海上自衛隊 一等海佐
<雪風のパパ>
音無爺さん(^_^;)の息子役
<雪風のパパ>
しかも理由はただ似ているというだけ…、可哀想に<片田健>

田原??(たはら・???)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
陸上自衛隊 二等陸士
<レッドマーキュリー>
北部方面総監から陸幕運用課の隷下に入る
<レッドマーキュリー>
不時着した陸自のヘリを救出に行った東福二佐の護衛にあたる<レッドマーキュリー>

田淵??(たぶち・???)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
陸上自衛隊 二等陸尉
<レッドマーキュリー>
部内選抜で幹部になった
<レッドマーキュリー>
鎌田一曹の第十一師団当時の同僚
<レッドマーキュリー>

田部紀雄(たべ・のりお) 【名詞・人名】 “首都壊滅作戦”
警視庁公安部参事官 警視正
<レッドマーキュリー>

タベンスカ・フィードロフ【名詞・人名】“極北に巨大隕石を追え”
ロシア国防大臣
<すこーぷ犬>

田町卓(たまち・すぐる)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
陸上自衛隊 陸将<片田健>
全自衛隊中東派遣部隊総司令官
<片田健>

玉里宗一(たまり・そういち)【名詞・人名】“ジャパンカード 極東の憂鬱”
陸上自衛隊 二等陸尉
<TACCO>
第二師団第二飛行隊所属
<TACCO>
UH−1Hのパイロット
<TACCO>
音威子府での戦闘での負傷者を救出した
<TACCO>

田万里雪絵(たまり・ゆきえ)【名詞・人名】“ゼウス(ZEUS)人類最悪の敵”
北海道後志支庁四市市要中学校一年生
<レッドマーキュリー>
父親は出稼ぎで母親は病弱で、家族に身寄りが無く、ブラスバンド部で唯一置き去りになった一年生
<レッドマーキュリー>

ダマリオ【名詞・人名】“黄金郷レイン・フォレストを制圧せよ”
メキシコ政府軍 将軍
<すこーぷ犬>
麻薬組織と関係がある
<すこーぷ犬>
10万ドルでF−5Eをデリバリー
<すこーぷ犬>
軍の私物化と麻薬組織との関係が政府にばれて失脚する
<すこーぷ犬>

田宮貴二(たみや・たかし)【名詞・人名】“緋色の狐 SOS!朝鮮半島に出撃せよ
海上自衛隊 二等海佐
<すこーぷ犬>
情報本部所属
<すこーぷ犬>

田村一正(たむら・かずまさ)【名詞・人名】“尖閣に幽霊船の謎を追え”
海上保安庁保安次長
<TACCO>

田谷芳裕(たや・よしひろ)【名詞・人名】“救難飛行隊”
航空自衛隊 空士長
<すこーぷ犬>
クラウンの運転手
<すこーぷ犬>

タヤバス【名詞・人名】“大使を救出せよ”
フィリピン軍中尉
<すこーぷ犬>

タラ・タルク【名詞・人名】“環太平洋戦争”
インドネシア海軍 中佐
<雪風のパパ>
潜水艦『アンボン』艦長
<雪風のパパ>

ダラマ・ブンガル【名詞・人名】“環太平洋戦争”
元イギリス陸軍(香港駐留グルカ兵) 曹長
<雪風のパパ>

ダリージ・アクシモフ【名詞・人名】“ソ連極東艦隊南下す”
ソビエト海軍 少佐
<ファルクラム>
『イルクート』通信長
<ファルクラム>
スコートロフと呼ばれた男
<ファルクラム>

ダリル・ウィッシュボーン【名詞・人名】“自由上海支援戦争”
CIA工作担当副本部長
<雪風のパパ>

ダン・イヴリ【名詞・人名】“制圧攻撃機ブルドッグ出撃す”
傭兵部隊 少佐
<すこーぷ犬>
身長180センチ殆ど首がないがっしりした体格の傭兵のボス
<すこーぷ犬>
18歳の時軍隊でゴラン高原にいた
<すこーぷ犬>
アラブでテロリストと戦った事もある
<すこーぷ犬>
闘うという事の意味を知っている篠田が好き
<すこーぷ犬>
緑魔島に立てこもる
<すこーぷ犬>
小石君の復讐を地獄で付き合うために爆死
<すこーぷ犬>

ダン・クェ・ザップ【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
駐日ベトナム大使館 一等書記官
<雪風のパパ>

談家屯(タン・チアントン)【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
中国海軍 少将
<雪風のパパ>
東南戦区へ派遣された海軍連絡将校の司令官
<雪風のパパ>

湯晴(タン・チン)【名詞・人名】“アジア覇権戦争”
台湾陸軍 大将
<雪風のパパ>
陸軍参謀長
<雪風のパパ>

ダン・ロードリー【名詞・人名】 “冥氷海域 オホーツクに「動く要塞」を追え
米海軍軍曹 SEALS所属
<レッドマーキュリー>
ブラッド少佐の部下
<レッドマーキュリー>

ダンカン・メイヤーズ【名詞・人名】“戦略原潜レニングラード浮上せず”
合衆国陸軍 先任曹長
<雪風のパパ>
グリーンベレー・グレック小隊
<雪風のパパ>

丹波(たんば・???)【名詞・人名】“核物質プルトニウム護衛艦隊出撃す”
陸上自衛隊 (階級不明)
<雪風のパパ>
サイレント・コア隊員
<雪風のパパ>

丹波憲長(たんば・のりなが)【名詞・人名】“第二次湾岸戦争”
警視庁 警部<片田健>
公安部の古参捜査員
<片田健>